世界にはいろんな航空会社があります。どこもサービスは一緒でしょ?ならば一番安い航空会社でいいじゃない?という人がいます。

でも旅をすればするほどそれは違うってことに気がついてきます。

はっきり言って航空会社の良し悪しは国の豊かさにある程度比例すると言っていいでしょう。

国の豊かさとは何で計るかって?ごちゃごちゃ言っても仕方ないので、ご批判を恐れずに言い切ってしまうと、1980年代までのOECD(経済協力開発機構、Organisation for Economic Co-operation and Development)に加盟していた国々は”ほぼ”間違いなく豊かであるといえるでしょう。つまり下記の24か国。

アメリカ合衆国
イギリス
フランス
ドイツ
イタリア
カナダ
スペイン
ポルトガル
オランダ
ベルギー
ルクセンブルク
スウェーデン
デンマーク
ノルウェー
アイスランド
アイルランド
スイス
オーストリア
ギリシャ *
トルコ *
日本
フィンランド
オーストラリア
ニュージーランド

<注意>上記のうち*のマークを付けたギリシャとトルコは後述するように豊かな国とは言いにくいが。

この判定基準はなぜかというと、もし飛行中の機内に深刻なトラブルが起こったとき、これら以外の国の航空会社の飛行機に乗っていると、その航空会社の国民が乗客の大半を占めると仮定すると、我々日本人が思うレベルの最低限のモラルが最低限保たれそうにない、ということ。

これら以外にも多くの国々に行ってきたが、予期せぬトラブルやハプニングが起こったときパニックを起こしやすい人が多い国というのは多いです。それがほぼ上記以外の国々と重なるということです。

例えば、24か国に入ってない中国の航空会社に乗ってぼくは10時間以上のフライトをしたいとは思わないです。それは社内で何か予期せぬトラブルが起きた時、あの国のあのパニクりやすい国民が冷静さを保って対応できるとは思えないから。

あと韓国も入ってませんが、この国も国民性から冷静さは期待できそうにないですもんね。

上記の24か国に入ってない国にもまともな国はありますが、それらのほとんどはしっかりした航空会社を持っていないのでよほどのことでない限り、我々が搭乗することはないでしょう。

飛行機に乗るっていうことは、その飛行機の中の文化に自分の身を置くことにほかなりません。

やはり航空会社によっては我々日本人がその文化になじめない場合もあります。なじめない場合、その海外出張はかなり苦しいものになります。

航空会社は安いだけで選んではいけないと思います。

海外出張の場合、会社がそのあたりを理解して、いい航空会社を選定して、出張者に気持ちよく存分に外国で仕事をさせて上げることって重要ですね。

スカイチケットでチケットを選ぶときにもしっかりそのへんもしっかり心得ていきたいところです。

海外出張 予約 スカイチケット